魅力が見直されている木造住宅を沖縄で建てる際に注意すべき事とは?

ソファと観葉植物

木造住宅の建築工法採用基準

一軒家

住宅をたてるとき、まず皆さんが考えるのは木造住宅を考えるとおもいます。木造住宅がこれだけ普及しているのは日本における伝統的な歴史があること、そしてコストが安いことでしょうか。
日本は有数の山国で国土の大半を木が占有しているといっても過言ではありません。住宅には、鉄骨や鉄筋コンクリートなどの工法も当然使われる訳ですが、コスト面の他に日本古来にはその技術を使用する資源や能力がなかったことが木造住宅から切手も切り離せない関係になったものと思われます。
日本の木造技術は発展をとげ、寺社仏閣等ではそうとうの高さの建築も存在し、有数の技術力を有していると考えられます。
さて、現在の住宅事情にあわせますと、木造住宅は木造軸組工法と2×4工法に大きく別れます。2×4工法は輸入住宅工法とも考えられ、純和風様式などを望むかたにはあまりむかない工法かもしれません。
日本では古来より尺貫法という、独自の建築モジュールを採用してきています。畳割などを行うときには一般的に尺貫法を用いて算出をしますが、2×4工法ですとうまく、わりきることができなく、綺麗に畳わりなどをできないのが現実です。
日本の伝統的な価値を残しながら家つくりを楽しみたいと考えているのなら、在来軸組工法の家を選定すべきでしょう。

RECENT ENTRY

赤い屋根の家

木造住宅で注意すべき事とは?

木造住宅はしっかりしており、昔から地震の時も倒れにくいと評判です。それに通気性も良く、夏は涼しく冬は保温効果も高く暖かいというのが木造住宅の魅力の1つでも…

» READ

電卓と家

耐震性の低い古い木造住宅は耐震改修工事を

阪神・淡路大震災や東日本大震災などで、日本では度々大地震に見舞われますので、木造住宅の耐震性が気になるところです。日本では、1981年に古い耐震基準から新…

» READ

一軒家

木造住宅の建築工法採用基準

住宅をたてるとき、まず皆さんが考えるのは木造住宅を考えるとおもいます。木造住宅がこれだけ普及しているのは日本における伝統的な歴史があること、そしてコストが…

» READ

リビング

多くのメリットがある木造住宅

日本は森林資源が豊富なので、木造住宅が多いというのも特徴の一つでした。日本は自然が多く、四季の豊かなので、木造住宅が合っていると考えている人もたくさんいる…

» READ